MENU

2016/06/23 11:51:23 |
カードローンの返済は金利による負担が大きく、思っている以上に利息がかさんで返済が進まないと悩んでいる方も多いです。借りた当初は返済はできると考えていても、払える金額はあくまで最低返済額に留まってしまうと、利息の払いばかりで元金が減っていかないのです。返済を効率的に進めるためには元金を減らしていかないといけないので、最低返済額だけではやはりどうしても不足してしまいます。利息を考慮した上で元金を減らすとなるとなかなか大変ですが、そもそもの利息が少なければ元金を減らす返済もしやすくなります。単純な例ですが、金利が高くて利息が3,000円かかっている場合に、1万円の返済をしても元金は7,000円しか減...
2016/06/23 11:51:23 |
メガバンクでの手続きは何かと面倒なイメージがありますが、カードローンに関しては大きな手間はかかりません。みずほ銀行を例に挙げてみれば、みずほ銀行カードローンはネットで申し込みが行え、口座をお持ちの方ならそのまま来店不要で最短即日での借り入れも可能です。口座が無い方はカードローンの申し込みと同時に口座開設を行い、契約書類などの必要な書類は郵送で届けられるために同じく来店不要です。メガバンクは何かと面倒に感じられてしまうものですが、カードローンは手軽に素早く手続きが進められます。早い手続きとなるのは保証会社に秘密があり、みずほ銀行カードローンはオリエントコーポレーションが保証審査を行うために審査が...
2016/06/23 11:51:23 |
金利が高ければ支払う利息も大きくなるのは当たり前ですが、一時的であれば金利が高いとしても利息負担が減らせる借り方があります。それは無利息キャッシングの利用です。大手の消費者金融で多く提供されているサービスで、初回契約時の一定期間は無利息、金利がゼロになるといった内容です。無利息であれば文字通り利息がかからないため、金利が高くなりがちな消費者金融からの借り入れであるとしても返済の負担は軽減できます。ただ、気をつけなければならないのは無利息による利息負担の軽減は初回に限られ、二回目以降の利用では適用がされません。つまり、初回の返済を過ぎると通常通り利息が発生するため、繰り返しの利用ももちろんですが...
2016/06/23 11:50:23 |
ネット銀行のソニー銀行は個人向けのカードローンも用意しており、金利や審査時間、融資のスピードなどで多くの利用者を集めています。特に注目すべきは金利であり、少額の利用であっても消費者金融よりも大幅に低い金利で借りられるので、返済負担を減らしたい方に最適です。金利は高ければ高いだけ利用者の負担が大きくなり、できることなら低金利で借りたいと考えるのは当然です。しかし、どのように低金利で借りれば良いのか分からず、消費者金融の下限金利だけを見て低金利で借りられると勘違いをしてしまう方もいます。いくつかカードローンの利用をしたことがある方なら分かりますが、消費者金融での借り入れは基本的に上限金利となります...
2016/06/23 11:50:23 |
借り入れを一本化するおまとめローンとしてカードローンの利用を行うなら、やはり注目をすべきは金利による利率となります。おまとめローンは今後の返済を楽にして完済を目指していく借り方となるので、継続して負担が減らせる低金利での借り入れを利用しなければなりません。そのため、おまとめローンとしての借り入れ先は消費者金融よりも銀行が人気で、限度額によって金利が下がっていく銀行のおまとめローン対応カードローンは注目を集めているのです。おまとめローンとしての利用であるとしても手続きが面倒になるわけでもなく、来店不要のままで契約が行えるカードローンもあります。また、一定額までであれば所得証明が不要で手続きができ...